maxresdefault
Haenir Studio 開発 "Blight: No Man's Land" の予告トレーラーが先日公開された。

本作は、現実とは異なる道を進んだ 14 世紀の世を舞台とする三人称視点の協力型アクションホラー・アドベンチャー。
プレイヤーは最大 3 人の仲間と共に、あるいはたったひとりで痛ましい無人地帯の情け容赦ない恐怖に対抗する。

この映像はゲーム内からキャプチャしたものだといい、Unreal Engine 5 により実現した美しいグラフィックには目を惹かれる。
炎の揺らめきなんかも本物のようにリアルだ。

しかし現時点ではゲーム内容についてはほとんどが謎に包まれている (最近こんなのばっか)。
描かれている場所は戦場のようにも見えるが 「恐怖」 という表現からして敵対するのは人間ではないように思える。中世なだけにファンタジー風のモンスターだろうか。
似たような世界観のホラー要素を含むタイトルといえば、開発中止となった The Outsiders の "Darkborn" が挙げられるがちょうどあんな感じをイメージする。

そして最も特筆すべきは本作のスタイル、なんと近接戦闘にフィーチャーしている。
時代を考えれば必然的にそうなるかもしれないが少人数協力型のタイトルとしては中々珍しい部類であり、三人称視点というのも恐らくこの点から来ているのだろう (近接メインで一人称視点だと必然的に視野が狭くなりプレイに難が生じやすい)。
映像内では木に矢のようなものが刺さっているのが幾本も確認できるので弓矢の概念は存在しているようだが、ゲーム内で使用できるかは不明。

開発元はアイスランドのスタジオだというが検索しても全然情報は見つからない、十中八九新規参入だろう。
本作の公式サイトではメールアドレスによるサインアップを受け付けており、開発状況や来たる早期アクセスの情報を得ることができるという。
興味を持った人は登録しておこう。

プラットフォームは PC (Steam, Epic, GOG)、リリース時期は不明。