242654952_104528228658112_2444235991311884468_n
ブラジルのデベロッパー Pindorama Games が、本日彼らの処女作となる "SOBREV!VA" の予告トレーラーを公開した。

本作は一人称視点のサバイバルホラーシューター。
プレイヤーは邸宅とその周辺環境を探索し、様々なトラップから生き残り、パズルを解き、ゾッとするようなクリーチャーと対峙しなければならない。
リソース (弾薬や回復アイテムなど) は限られており、それらを正しく使用するための最善作に行き付けるかはプレイヤー次第となる。
リリース時期は 2022 年、開発チームは小規模ながらも有能なメンバーが揃っており、プレイヤーへ素晴らしい体験を提供するために現在懸命に取り組んでいるとのこと。

まずは映像を見てもらいたい。基本的に環境 (家具などを含む) は 2D テクスチャを纏った 3D モデルで作成されているが、棚やテーブルに置かれた小物は 2D であり、ペラペラの板が置かれているような感じになっている。
また画面の最前面に映るプレイヤーの手も手書きの 2D イラストであり、包帯使用時や銃を構えたりリロードする場面ではきちんとアニメーションする。
最後にわずかに映るクリーチャーも 2D のようで、言うなれば Doom engine 製のゲームを最新技術で再現したようなモノだ。
以前紹介した "Eldritch House" にもスタイルは酷似している。

クリーチャーが 2D となると 3D に比べて恐怖度は劣ってしまうだろうが、こういった特異なスタイルの環境内を探索するのもまた違った意味で格別だろう。

プラットフォームは今のところ不明。