maxresdefault (1)
前回記事:初代バイオ風サバイバルホラー "VIGIL" の公式トレーラーが公開
==========

MoonGlint 開発 "RESIDENCE of EVIL: VIGIL" の新映像が本日公開された。

昨年初頭に発表トレーラーが出て以来かなり久しぶりの映像公開となったが、ここではアップグレードされたグラフィック、動的にアングルが変化する古典的な固定カメラ、そしてフォトグラメトリによって実現した文字通り実写のごとくリアルなテクスチャに焦点が当てられている。
特にフォトグラメトリによるキャラクターグラフィックの進化は凄まじく、以前はCG感丸出しだったキャラフェイスが完全に実写と化している。

今後あと2つの映像も公開していく予定で、2つ目ではアイテムや武器の組み合わせ、キャラクターの強化、戦闘といったゲームプレイメカニクスを、3つ目ではそれらのメカニクスを実装した実際のデモ映像を披露する。
このデモはクラウドファンディングプラットフォーム Patreon における支援者、または彼らの Youtube チャンネルの有料メンバになることでリリースされた後に受け取ることができるようになる。
もうダウンロードできなくなっているが、前デモは環境内を歩くのみだったので外見も中身もどこまで進化しているか楽しみだ。


本作はバイオハザードやサイレントヒルといった不朽の名作に敬意を表したサバイバルホラーゲーム。
プレイヤーは怪しげな森の中にて離れ離れとなった RO3(Reconnaissance Operations Unit 3) と呼ばれる部隊の一員を操作。彼らはそこで一見すると安全に思えるビーチワースの屋敷を発見するが、そこでの滞在はすぐさま忘れられない悪夢へと変貌してしまう。
プレイヤーは各メンバーを再集結させ、ビーチワース家の心をかき乱すような謎を明らかにしなければならない。

プラットフォームは PC (Steam)、リリース時期は明らかにされていない。