E7QCjZeWUAM-kxx
過去に "Remothered" シリーズ 2 作を手掛けた Darril Arts の代表 Chris Darril 氏により、彼らの新プロジェクトに関する情報が明らかになった。

タイトルは記事表題にもあるとおり "Bye, Sweet Carole" といい、ビジュアル面でディズニー作品の影響を強く受けた古き良きホラー作品になるという。
氏のツイッターアカウントでは最終型ではないにしろアニメーションサンプル()を以前より披露してきており、この度新たに公開されたインゲームらしきイメージを見る限りサイドスクロールで進行するように思える。

プロットも公開されており、主人公はラナ・ベントンという少女で、帽子を被った冷淡な老人に強いられバニーホールと呼ばれる野うさぎが蔓延る 19 世紀の孤児院から逃げ出した少女キャロルを追う傍らで、謎めいた夢中のような庭園にて奇怪な生物と対峙しなければならないという。

Darril 氏は過去ディズニー系のアートを多数手がけており、このスタイルには強い愛着を抱いていることがわかる。
そして氏にとってもうひとつの拘りといえばやはりクロックタワー。
知っての通り Remothered は開発当初クロックタワー風の 2D タイトルだったが、長い沈黙期間を経て最終的にはお馴染みのフル 3D スタイルへと進化を遂げている。
本作も 2D 形式を採用するならやはりその方向性になるだろう。ファンからも 「ディズニー meets クロックタワー」 を期待する声が多数挙がっている。

Darril Arts には Remothered の第三章も控えており、本作はまだプリプロダクション段階とのことで恐らくそのあとのリリースとなるだろう。
氏にとって過去最も野心的な試みとも話しているので当然相応の時間を要することになるはず。
しかし個人的には似たようなスタイルのタイトルを連続して出すよりは、箸休め的な意味で第二章と三章の間に挟み込んでもらいたいところ。

一点のイメージを見ただけでもこの少女がディズニーアニメのごとくヌルヌル動く姿が容易に想像できる。
リアル調ではないため好みは分かれそうだが、ビジュアルやアニメに拘った高品質な 2D ホラータイトルはあまりお目にかかれないので期待値大だ。

リリース時期やプラットフォームは今のところ不明。