TheBestInside_002

2019 年にホラーアドベンチャー "The Beast Inside" をリリースした Illusion Ray Studio の公式サイトが昨日更新され、今後 2 つのホラータイトルを製作予定であることを明かした。

一つはその続編である "The Beast Inside 2"。
舞台は 1888 年、恐ろしい殺人鬼に悩まされるロンドンのスコットヤード。
プレイヤーはその殺人鬼を捕らえるために現場復帰することとなった元警部のジョー・バーネットとなり、恐怖、プレッシャー、そして得体の知れない黄金の夜明け団 (魔術結社) や地元で広がる切り裂きジャックの言い伝えと戦い、自身も含め可能な限り多くの命を救おうと試みる。
リリース予定は 2025 年前半。

もう一つはダークアクションホラー "Lightmare"。
忘れ去れたハムスミスの屋敷を舞台に、超常現象調査員であるジョン・マレーの身の上話を追う。
主人公は素性不明の男から指令を受けて何の備えも無しに仲間グループと一緒になってその不気味な屋敷へ入り、そこに潜む秘密を明らかにしつつ何としてでも生き残らなければならない。
詳細は不明ながら革新的な技術がベースになっており、「明かりをつけることを忘れてはいけない」 とのことで光が重要な要素となるようだ。
リリース予定は 2026 年前半。

現在は "Wardogz" というカジュアルなアクションアドベンチャーを開発中で、こちらが 2023 年初前半にリリース予定。
さらに同年後半には初代 The Beast Inside を PS5, Xbox Series 向けに移植予定。

ということで残念ながらだいぶ先の話だ。当ブログがまだ生き残っているかも怪しい程に。
公式サイトもアートワークが各々一点掲載されているだけ、恐らくまだプリプロにすら入っていないだろう。
ともあれ、前作は驚異的なビジュアルでプレイヤーの度肝を抜いてくれたが、次はゲームプレイの面でも光るモノを見せて欲しい。