SLD_F-1536x864
The Mahyari Pruduction 開発 “SOMTHING LIKE DEATH” のイントロトレーラーが先日公開された。

本作はジャパニーズ/ウェスタンホラーを組み合わせた一人称視点のサバイバルホラー・アクションアドベンチャー。
可能な限りインタラクティブな映画的体験になるよう全力を尽くして開発が進められており、これにより興奮の絶頂においてプレイヤーがゲーム内キャラクターと一体になることを可能にする。
またゲームプレイ中のあらゆる瞬間と物語が繋がりを持つように設計され、恐怖をさらに増強させるためステルス要素も用いられる。

と、まぁこんな感じで今のところ設計思想のみでゲームの詳細は明らかになっていない。
開発元は 2019 年末に設立されたばかりのスタジオで、開発エンジンは Unreal Engine 4 を採用。
UE マーケットプレイスのアセットもいくつか使用しているという。
ジャパニーズ要素が一体どこにあるのか不明だが、既成アセットはあれど非常に精巧な環境、ステルスのみならず銃を用いた戦闘要素 (銃を持っているのであると思われる)、ステータス UI に見られる BPM 値 (心拍数) がどのように機能するかなど、興味を惹かれる点は多い。
近く Kickstarter キャンペーンも実施予定とのことなので詳細はそこで分かるだろう。

プラットフォームは PC、Epic Game Store と Steam での販売を予定しているようだ。