game4
更新: 2021/03/16 23:55 予告トレーラーが公開されたため追加掲載。
セルビア共和国を拠点とするインディーデベロッパー Pet Project Games により、現在 "Ripout" と呼ばれるタイトルの開発が進められている。

本作は一人称視点の協力型ホラーシューター。
人類はエイリアンの攻撃に対処するため、遺伝子操作により強力ながら危険な生物兵器、特殊な細胞を生み出す。
それは人間に注入することで超人的な組織再生能力を備えた強化兵を生み出すことが可能なもので、これによりエイリアンの軍勢を押し戻すことに成功はするが、最終的にそれは突然変異を起こしてしまいあらゆるモノと人がミュータントと化してしまう。
プレイヤーは 2084 年に地球兵最後の生き残りのひとりとしてコールドスリープから目を覚まし、人類の生き残りを探すための時空を駆ける旅に出る。
サンクチュアリと呼ばれるものが鍵を握っているらしいがそれはどこにあり、そもそもいったい何なのか。
人類の遺産を守り切るか、それとも知覚を持った細胞により種は滅亡してしまうのか、運命はその手の中だ。


様々なタイプからミッションを選択してプレイする形式で、1 ミッションあたり 10 ~ 20 分程度、ソロも最大 4 人の協力プレイも可能。
プレイ人数により難易度が変わるスケーリングシステムが採用されているため人数が多いほど簡単になるわけではなく、相対的には同じ難易度で遊ぶことができる。
必ずしも銃を連射していればよいわけではなく、人数が多いほど計画と協力が重要になる。
舞台はプロシージャル生成でありあらゆるミッションがユニークな体験を提供する。

本作においてはペット・ガンと呼ばれる武器が特徴的な要素となっている。
これは件の細胞を動物に注入して作り出された機械化されたペット。
複数の発砲モードを備えた従来型の射撃武器として使用するのはもちろんのこと、ペットの形状に姿を変えて放ち、切断された敵の部位を喰らうこともできる。
こうして得た敵の細胞をプレイヤー自身の体に融合させることで、比類なき攻撃/防御能力を獲得することができる。


まだ映像の類は公開されていないが、無機物と有機物が融合したミュータントのデザインは非常に秀逸。
一見すると The Sci-Fi といったストレートなデザインではあるが、案外こういったものはゲームであまり見かけない。
ただ、最近この手の協力 PvE タイトルはやたら増えているので、個人的にはミッションクリア型ではなくそれなりの尺を備えたキャンペーン型の方がよかった。

プラットフォームは PC で Steam および Epic Games Store で販売予定。
リリース時期は 2021 年内で、α版に関する情報は近くにも期待できるとのこと。