ss_3346098285135449e07e586982961dff39fb064e.1920x1080
Game Island S.A. 開発 "Deadly Desert" が昨日発表され、合わせて Steam ストアページもオープンした。

本作は少年ウィルと障害を持つ彼の父親、二人の男性によるサバイバルストーリー。
そのすべてはネバダにある砂漠地帯のど真ん中で起きた不幸な事故から始まり、目的地であるキャンプへの近道をしようと道路から外れたところを走っていた彼らの車が途中で故障してしまう。
長い時間待っても助けは一向に来ず、ついに彼らは自らの手で何とかしようと覚悟を決める。
以降二人は互いに離れることができなくなり、厳しい状況下で生き残るという試練を課せられる。
少年ウィルには、自身だけではなく障害も持つ父の面倒もみるという非常に困難な課題が待ち受けていた。

自身と父親の身を守って生き残るためには、注意深く周囲を観察する必要がある。
あらゆる種の食べ物と飲める水の入手は千金に代え難いものであり、ゲーム内では物事に対する解決法を探し、資源を保管するために新たなオブジェクトを作成しなければならない。
寒さの厳しい夜には火をおこして暖をとることで旅を続けるための体調を維持し、暑い昼間には水分を含んだサボテンを探してあらかじめ用意しておいた入れ物に収容する。

旅の間は常に父親の心身の状態に気を配り、あらゆる飲食物は賢く二人で分配しなければならない。
また一度それを失うと生き残れる見込みが劇的に薄れてしまうため、車椅子の状態は定期的にチェックし、それが破損しないよう整備された通行可能な道を選んで進む必要がある。
そして整備された道を選んで歩くことで生き残る可能性が最も高くなる。
一直線に進めばマップ上の目的地により速くたどり着ける可能性はあるが、道に沿って歩かないと一時的な避難場所に遭遇したり、物資を補充することは恐らくできないだろう。


自身だけでなく同行人の面倒も見なければいけないという難易度が高そうなサバイバルゲーム。
非常に面白い設定だが、だだっ広い砂漠を車椅子を押しながらゆっくり歩くのは結構ストレスが溜まりそうだ。
そして似たような風景が延々と続き環境の変化に乏しそうなのも不安な点。
またせっかく主役が二人いるのだから、前述したような父親に対する世話の仕方によって関係が変化するなどのシステムも欲しかった。
欲を言えばあれもこれもと不安要素や要望は出てくるが、とりあえずできる範囲での最善を目指して欲しい。

プラットフォームは PC、リリース時期は Coming Soon とのこと。