ss_b5971e98bdfd4d341a1d786f99e175d44eeb2872.1920x1080
前回記事:今週のホラーゲーム系ニュースまとめ (10/28週)その①
==========

Stormling Studios 開発 "Transient" のパブリックデモが、現地時間の 6/9 ~ 6/14 で開催されるオンラインイベント 「Steam ゲームフェスティバル サマーエディション」 の一環としてリリースされることが発表された。

このイベントは 1 年以内に発売が予定されているタイトルにスポットを当てたもので、数多くのタイトルのデモが期間限定で誰にでもプレイ可能となる。
具体的な日付は決まっていないものの本作は 2020 年内のリリース予定であるため、これに該当する。

非常に短いながらデモの予告映像も公開されており、サイバーパンク感溢れる環境が描かれている。
過去に公開されたゲームプレイ映像はどちらかというと本作を特徴づける 2 つの要素のうちラヴクラフト側に寄っていたが、今度はサイバーパンク要素がフィーチャーされるのだろうか。
せめて Bloober Team の ">observer_" よりは自由にそういった環境を歩かせてほしい。


本作は一人称視点のラヴクラフティアン・サイバーパンクスリラー。
舞台は遠いポストアポカリプスの未来、そこでは過酷な外環境を生き延びるために設立された Domed City Providence という囲いで守られた要塞にて生き残った人々が暮らしている。
人類最後の避難所となるその中で、ODIN と呼ばれる悪名高い雇われハッカーグループのメンバー Randolph Carter が、彼の正気をかき乱し自身の存在そのものに疑問を持ちかねない恐るべき真実に偶然辿り着いてしまう。

H.P. ラヴクラフトとサイバーパンクが融合したディストピアな世界観や、現実世界と人工的に作られた世界の間を横断するゲームプレイ、豪華なグラフィックと雰囲気に富んだサウンドトラック等を特徴とする。

プラットフォームは Windows, PS4, Xbox One、2020 年内にリリース予定。