ss_89a3557f79a5ce99cc99f74337be789ed1f57458.1920x1080
MeanAstronauts 開発 "I Saw The Night" が日本時間の 3/27 に発表され、合わせて Steam ストアページもオープンした。

本作は、数は少ないものの暴力的な驚くべきシューターシーンを備えた一人称視点のシングルプレイヤー・アドベンチャーゲーム。

主人公は、見知らぬ人里離れた土地で行方不明の少女を探す男性ジャック・ウロンスキー。
彼は最終的に車を奪わたうえすべての所持品を持ち去られて無一文となってしまい、よそ者を歓迎しない見知らぬ町にてこの逆境に挑み立ち向かうことになる。
この予期せぬ大変な滞留は、一見すると事件が完全に解決したように思える非常に暴力的で多くの犠牲者を伴うクライマックスをもたらすことになるが、それはやがて来るすべての諸悪の氷山の一角に過ぎない。

プレイヤーは、心を掴むストーリーライン、興味深い多次元的なキャラクター、洒落た会話、簡潔な返事、そして機会は稀だが深く没入できる撃ち合いを備えた、アメリカの精神と自然から成る 20 世紀の風景へと手に汗を握って飛び込む。
ロードムービーとノワールジャンルへの絶え間なく弱まることなき敬意を示すのために意図してオマージュ要素も取り入れている。
行方不明となった未熟な少女を捜す途中で、最高の乗り物を手に入れよう。

個人的な対立があふれ携帯電話もない 1991 年のアメリカという由緒ある舞台で謎と逆境に立ち向かおう。
思い切った質問をしたり、ジャックの生命を最大の危機に晒すであろう尻馬に乗ることも。

ゲーム内の出来事は、ジャック・ウロンスキーの入り組んだ独創的な精神を通して体験することになる。
ゲーム全体を通して彼の発するコメントやナレーションは、正しい洞察やドラマ、そして混じり気の無い奥深く共感できるストーリーを作り上げるウィットをプレイヤーへ提供する。
数多くの境地から抜け出すために思考/奮闘し、自身の才能を示し、スキルを利用し、あらゆる階層の体制や社会に浸透する心をかき乱すような秘密を明らかにしよう。


ノワール・ジャンルなのでクライムスリラー的な内容と思われるが、トレーラーではホラー風の不気味なシーンも見られる。
夜のドライブなんかも結構雰囲気が出ていて良い。

開発元の MeanAstronauts は新鋭のようで、まだ公式サイトは無く SNS アカウントも最近開設したばかり。
Steam ストアページを見るとパブリッシャーの CreativeForge Games も開発に携わっているようだ。
グラフィックは悪くはなく、車に乗って移動できるとなれば舞台の規模も大きくなるはず、さらに複数の会話を備えた選択肢も用意するとなるとそうとうな規模のタイトルになると思われる。
しかし前述のとおり開発元は無名でしかもパブリッシャーもそれほどの知名度はない、果たしてビジョンを実現できるのかという不安が残る。

ともあれ、ホラー要素を除いてもアドベンチャーゲームとして普通に魅力的なので今後も注目していきたいタイトルだ。


プラットフォームは Windows、2021/08/20 にリリース予定。