61597369_697487114018598_7138610656726482944_o
前回記事:"The Beast Inside" の PS4, Xbox One 版がリリース決定
==========

 Illusion Ray Studio 開発 "The Beast Inside" の Steam ストアページが昨日更新され、新たなメディアを公開すると共に長らく音沙汰の無かったクローズドβへの言及がなされた。

新たなメディアは、ニコラスとアダムの衝突をより明確に描いたというメインビジュアル、Steam ストアページに追加掲載されたスクリーンショット 15 点、そして短いながらもそのクオリティの高さがハッキリと見て取れる未公開エリアの映像。

2018 年 12 月に予定されていたが結局現在まで実施されていないクローズドβについては、コミュニティ間での関心が高まっていることもあり間もなくより多くの情報を共有するとのこと。
ゲームの規模が当初よりも大きくなっているため、開発過程において追加でこれ(β)に重点を置くことでしっかりとした品質を担保する腹積もりのようだ。
βアクセス権を得るためには Kickstarter キャンペーンで $60 以上を支援しなければならなかったので、該当ユーザはこのままダンマリを決め込まれたらどうしようかとヒヤヒヤしていたことだろう。
しかしこのタイミングでβ云々の話をしているということは、最終的なリリースまではまだ時間が掛かりそうだ。


本作は一人称視点のサバイバルホラー・スリラー。
プレイヤーは CIA の暗号解読者アダムとなり、軍の暗号に挑み冷戦の進路を変えるために穏やかな場所が必要だと考え妻のエマとともにボストンを離れて田舎へやってくる。
彼は移住先の家の屋根裏にてニコラスという人物によって書かれ隠されていた日誌を見つけ、ひとたび開くとそれは過去の悪夢を現代へともたらし、2 人の生命を大きな危険に晒す。
そんな中、アダムは内戦時代からの謎と冷戦中の出来事の関係性、100 年以上前にその家に住んでいたニコラスが何者なのかを解明する。
一人称視点での複雑なセミオープンワールドの探索、異なる 2 つの時代に生きる 2 人の主人公の操作、暗号の解読、逃げ隠れしたり、リボルバーの使用や環境利用、あるいは己の知恵によって戦う様々な敵などを特徴とする。

プラットフォームは Windows, PS4, Xbox One、延期後のリリース時期は未定。
インタフェースと字幕が日本語にも対応予定。
Steam ストアページでは昨年の Kickstarter キャンペーン時にリリースされたデモが無料公開中。