1541330041958
前回記事:"Forgotten Memories: Alternate Realities" の最終アップデートが 4/5 に実施決定、ティザートレーラーも公開
==========

2015 年 4 月にオリジナル版が iOS でリリースされ、同年 8 月に PC とコンソール機向けにディレクターズカット版が発表されるも 2017 年に開発中止が宣言されていた、Psychoz Interactive 開発 "Forgotten Memories: Alternate Realities"。
本日その Nintendo Switch 版 (この度はディレクターズカットではなくリメイクと称しているが指しているものは同じ) が開発中であることが正式に発表され、合わせて作業途中の段階ではあるがグラフィックのデモンストレーション映像も公開された。

この映像ではオリジナル版 (iOS) のデカデカとした UI のままだがいずれは変更される予定だといい、また主人公ローズのモデルも 「恐らく」 変更されるとのこと。
異様なほどフワフワとなびく髪は違和感しかないのでこれは修正した方がいいだろう。
グラフィック自体は少し時代遅れな感じもするが、それなりにはコンソール版に相応しいものとなっている。

そして気になるのは開発中止が宣言されていた他機種向けのリリースについて。
公式 Facebook ページでの問答によると、他機種 (具体的に名前が出ているのは PC, PS4, Xbox One) 版は先行の Switch 版が成功した場合に起こり得るとのこと。
ここでいう 「成功」 とは何も 100 万コピーを販売するといった大きな話ではなく、移植を実現するのに必要最低限の儲けを得ることを表す。
PS VITA 版については言い方は悪いが 「死に体」 であるため否定的であり、Android 版は 「Epic Game Store が Android をサポートしたら決定を見直す」 とある種のジョーク混じりで否定、オリジナルの iOS 版は今年中にアップデートを予定しているも、それはこのリメイクアップデートではなく新しい機種向けの互換対応に留まるという。

PC, PS4, Xbox One のディレクターズカット版を待っていた (一度は中止されていたが) ユーザは Switch が優先されることをよく思わないかもしれないが、Switch は後発の移植サードタイトルのセールスが好調なだけにきっと本作も成功に導いてくれるだろう。


本作は 3 人称視点のホラーアクションアドベンチャーゲーム。
プレイヤーは Eden という名の失踪した少女を追う女刑事 Rose Hawkins としてプレイ。
見覚えのない遺棄された古い精神病院で目を覚ました彼女は、少女を探しているうちに気がつくと終わりの無い悲劇にとらわれてしまっており、身のすくむような調査の裏側にある謎を解明するために最大の恐怖に立ち向かわなければならない。

オリジナルの iOS 版は現在 ¥240 (値下がりしている?) で販売中、インタフェースと字幕が日本語にも対応している。