無題
前回記事:現ビルドの内容がおおかた確認できる "The Light Keeps Us Safe" の数時間に及ぶゲームプレイストリーム映像が公開
==========

Big Robot Ltd 開発 "The Light Keeps Us Safe" の Steam 早期アクセスが当初の予定どおり先ほど開始され、合わせて新トレーラーも公開された。
通常価格は¥2,050 で、10/19 までは 15% オフの¥1,742 で購入可能。

先日には早期アクセス段階におけるロードマップも公開されている。
大まかに 3 つのフェーズに分かれているが、これらは定期的な一連の個別アップデートとして行われる。実装の具体的な日付やデッドラインは定めていない。
また修正と調整のアップデートは、少量の重大なコンテンツと共に定期的 (2 ~ 3 週間ごと) に期待できるとのこと。

■ フェーズ1:最初の早期アクセスアップデート
既に少量の作業を終えており、確実に間もなく実装される。
  • 新たな敵 :不可視のヒューマノイド、他の危険なインタラクション
  • 新たなバイオーム:寂しげな荒れ地 (Desolate Moorland)
  • 新たなライトタイプ "Dissolve" (これは既に現ビルドの最後に予告されている)
  • 燃料補給式の発電機とその電力によって実行されるアクションとパズル
  • 最高のイースターエッグ

■ フェーズ2:脅迫者
ユーザからのフィードバックに答えるだけでなく、これらは実装前により多くの作業を必要とする。
  • 病気と幻覚のアップデート (より奇妙な方向性の危険)
  • 新たなバイオーム:灰の大地/燃えさかる大地 (Ashen/burning lands)
  • 案山子の帰還 (案山子とは同スタジオの過去作 "Sir, You Are Being Hunted" に登場した敵のことで、攻撃はしてこないが仲間を呼ぶ性質を持つ)
  • フェーズ 1 からのフィードバックに対応

■ フェーズ3:終わりのフェーズ
巨大で長期的な目標であり、以下に挙げるモノは早期アクセスタイトル完成に必要であると目している。
  • 最後のライトタイプ
  • "The ENTER THE LIGHT" アップデート (大規模なストーリーのオーバーホール)
  • 先のフェーズから得たフィードバックを基にした戦利品とインベントリのアップデート
  • 身の毛もよだつ最終ボス
  • 容赦なく恐ろしいエンディング


本作は一人称視点のステルスアクションゲーム。
主人公は恐ろしいマシーンが蔓延る終末世界でバンカーの奥に篭って生活していたが、食べ物も体力も尽き始めてしまったため、外の世界へ旅立ち The Light と呼ばれる人類にとって唯一の救いとなる存在へ向かう。
ステルス行動を取り、相手の裏をかくことで荒れ果てた世界を巡回する恐ろしいマシンを避け、光の力を使って彼らの仕掛けた致命的な罠を解除する。
光に基づくユニークなインタラクションとチャレンジ、恐ろしくて攻撃的なエイリアン・マシーンの敵、手続き型生成によりプレイスルーごとに異なる環境などを特徴とする。

プラットフォームは Windows、正式リリースは 2019 年 3 月頃を予定している。