無題
Vermila Studios 開発 "Crisol: Theater of Idols" の予告トレーラーが本日公開された。

トレーラーは公開されたものの、本作について直接公開されている公式情報はというと実はほぼ無い。
代わりに今年の E3 で Vermila Studios と接触した Game It がいくつかの情報を伝えている。

  • スタジオはスペインにある技術訓練校 CICE の教授を含む 14 人のメンバーで構成
  • ゲームは一人称視点で行われる
  • 代替の歴史を歩んだスペインにある町 Tormentosa が舞台
  • H.P. ラヴクラフトやニール・ゲイマン、そして多くの偉大な文学、映画、ビデオゲーム作品に影響を受けている
  • トレーラーに登場する女性 Mediodía と男性 Severo を含む 3 人の主人公
  • ゲーム内に登場するすべてのモノが自製であり、購入したアセットは使用していない

スタジオの Facebook ページでは、現在学校にあるリソースを使ってデモの制作に取り組んでおり、それが完成したら資金の調達に入る予定だという。
恐らくこのデモというのがトレーラーの最後に出てくる 「プロローグ」 と思われる。
資金調達についてはどういった手段を考えているのか不明だが、このプロローグデモを同時リリースしてクラウドファンディングキャンペーンを行う可能性もあり得る。

トレーラーの映像はすべてゲーム内からキャプチャしたものとのことだが、学校の指導者が関わっているだけあり環境は非常に綺麗だし、大きな動きこそ無いがキャラクターの挙動も悪くないし、海外アニメ風のグラフィックも珍しくて良い。
このトレーラーはあくまで予告、あわよくばプレイシーンも含んだ正式発表のトレーラー公開が待ち遠しい。

プラットフォーム、リリース時期ともに現時点では不明。