5-1
前回記事:GeForce RTX のテクノロジーによる豪華なグラフィックを披露する "Atomic Heart" の新トレーラーが公開
==========

Mundfish 開発 "Atomic Heart" の予約受付が本日公式サイトにて開始された (コンソールリリースも予定しているが予約対象は Windows 版のみ)。
以下 3 つのバージョンから選択可能となっている。

■ デジタルダウンロードエディション ( パッケージ版より 50% オフ、$30.00 )
内容物: フルゲーム、デジタルサウンドトラック、舞台裏映像、デジタルアートブック
予約特典: ローンチより 3 日前からフルゲームをプレイ可能、2019 年 Q4 にリリース予定であるβ版へのアクセス

■ デラックスファウンダーズエディション ( パッケージ版より 25% オフ、$45.00 )
内容物: 上記+ゲーム内プロフィールのファウンダー記章、ここでしか手に入らないゲーム内のファウンダーマスク
予約特典: 上記+支援者専用フォーラムへのアクセス

■ アトミックファウンダーズエディション ( $90.00 )
内容物: 上記+施設 "3826" の従業員用個人 ID (購入者の写真付き) - これを所持していないと入れない場所にアクセス可能
予約特典: 上記+購入者の写真と名前がセーフゾーンの壁にかけられる


以前より Steam ストアページのリリース時期表記が 2019 年となっていたが、この度の発表ではβ版が 2019 年 Q4 と今から約 1 年後。
思っていたよりも遥かに延びていた。
正式リリースはそれよりももっと後ろなので、いくらかでも早くプレイしたい人はこの予約を活用しよう。
リリース日と対象プラットフォームの優先順は 2019 年 Q2 に発表予定とのこと。
また場面は過去映像で描かれてきたものだが UI が新たに確認できる数点のスクリーンショットも公開、ガスマスクや原子力マークのアイコンが気になる。


本作はパラレルワールドのソ連を舞台とする、FPS 要素を含んだ一人称視点のアクション RPG。
共産主義の力によって実現した技術革命は、ロボット、インターネット、ホログラム、そしてその他の革新的なものをもたらし、ソビエト市民の毎日の生活をより良くより明るいものにしていた。
これらの素晴らしい技術的進歩は全国に置かれた特別な施設にて生まれているが、最近それらのひとつである "3826" の信号が消える。
プレイヤーはソ連国家保安委員会の一員としてそこに向かい、何が起こったのかを明らかにしてどんな犠牲を払ってでも秩序を取り戻す。
Atomic Heart の世界は異なる生物群系を備えたいくつかの領域で構成されており、地表と地下にて、人々のニーズに応えるために作られるも何らかの理由により戦闘準備万全な殺人マシーンへと変貌してしまった風変わりな機械仕掛けのクリーチャーに出くわす。

プラットフォームは Window, PS4, Xbox One、Steam ストアページによるとインタフェース、音声、字幕が日本語にも対応する。