ss_9d38e041f1998d5f922c9c6135c02d25ec88a23c.1920x1080
更新: 2018/07/20 22:35 リリース日が正式に発表された。
前回記事:"The End" の Kickstarter キャンペーンが開始、2 月にはバッカー向けに早期ビルドを提供予定
==========

Mata 開発 "The End" の Steam ストアページが日本時間の昨日オープンした。

本作の具体的なリリース日は現時点においても正式な発表はまだ無いが、このストアページによると現地時間の 7/24。
前回記事で伝えている Kickstarter キャンペーンにおける Steam キーのリワード送付時期は 7 月とされていたのでそれとは一致する。

本作の開発に関する新たな情報も掲載されている。
まずゲームのリソース (アセットや音楽などだろう) は基本的に既製品を購入することで得ており、求めていたが見つけられなかったものについては自身で製作したという。
環境は中々高クオリティに思えたが自製でないのは少し残念、しかし例えどこかで見たアセットが含まれていたとしてもサイバーパンクという特異的な環境上あまり悪目立ちはしないだろう。
開発は途中でレベルデザインのやり直しがあったものの昨年の 5 月から行ってきており、30 人のテスターによるテストも実施して彼らの意見も考慮してきたという。
また AKIRA や HK Project、Ghost In the Shell、Oni、Blade Runner といった作品から刺激を受けたとも。


本作は三人称視点のアクションアドベンチャーゲーム。
プレイヤーはサイバーパンク世界で捕われの身となったキツネとしてプレイし、謎めいた神によって身を解放された後、その世界で最後の生き残りとなる人間を見つけるための探求に加わるよう求められる。
この冒険の中では、放射線を浴びたネズミ、徘徊するドローン、危険なサイボーグといった様々な脅威から自身の幼獣 (子ども) を守るだけことでなく、賢明であること、都市のあちこちの道を記憶すること、危険に晒されるのを避けるためにパズルを解くことも必要となる。
エピソード分割形式リリースであり、最初のエピソードは主人公のキツネが解放されるところから女神 Inari に会うところまでのおよそ 1 時間程を収録する。

プラットフォームは Windows、価格は今のところ明示されていないが Kickstarter キャンペーンのリワードから察するに €12 程度と思われる。