maxresdefault
Project Raveyard 開発 "Strobophagia" のゲームプレイトレーラーが本日公開された。

本作は神秘的な地中海の森の中で行われるレイブの場を舞台とした一人称視点の対戦型ホラーゲーム。
プレイヤーは古風かつ現代的なフォークロアに触発された 2 体のモンスターのうちの 1 体となり、辺り一面が酔いしれたレイブ参加者で囲まれた平地に身を隠す。
プレイヤーの目的は至ってシンプル、殺られる前にもうひとりのプレイヤーを見つけて殺ることだ。

プレイヤーが扮するモンスターとは映像にちらほら映る仮面を被ったように頭部が他と異なる者たちのことだろう、要するに似たような姿をした群衆に紛れて相手を殺すという一風変わったステルスタイプの対戦ゲームだ。


Project Raveyard はスウェーデンにあるシェーブデ大学の学生によるチームであり、10 週間に渡るゲームプロジェクトコースの一環として製作しているという。
学生製作かつ短納期というあまりクオリティを期待できる体制/環境ではないものの、サイケディック感もあるアートスタイルとアイディアは非常に面白い。
しかしこれまで当ブログではいくつかの学生プロジェクトを紹介してきたが、パブリックリリースまで漕ぎ着けられたものは極わずか。
なので本作も最終的にユーザの手に届けられるかは微妙なところだが、Honor Code Inc の "Narcosis" のように学生作品として始まったものが何年もかけて商業作品にまで昇華された例もあるので気長に待つことにしよう。

プラットフォームは PC、リリース時期は明らかになっていない。