無題
前回記事:"GET EVEN" デベロッパーがチェルノブイリを舞台としたサバイバルホラー "Chernobylite" を発表
==========


The Farm 51 開発 "Chernobylite" のインゲーム環境を長時間に渡って収録した開発映像が公開された。

これは 4/27 ~ 4/27 にベルリンで開催された Unreal Fest Europe 2018 で The Farm 51 により行われた技術講演の映像で、まだ完成形ではなく作業中段階のものではあるが 44:20 あたりから映像の最後まで、実に 14 分程に渡って一人称視点で様々な環境内を探索する様子が収められている。
(技術的なところはよく分からないのでしゃべっていることは置いておき、ここは映像のみに注視しよう)

フォトグラメトリ技術を用いているだけあり 3D モデルのテクスチャは実写と見間違う程にリアルで、まさに実際にそこにいるかのような臨場感を感じる。
オブジェクトとのインタラクションを映した場面もあり、恐らくエンジン類の部品として使用することになるという鉄製のケースや古びたスパム缶を手にとり四方八方から眺めるなどしている。
屋外ではところどころにフードとガスマスクを被りさらに銃器で武装した人々や赤いドレスを着た女性が登場、この人物らはメインアート?でも描かれている。
54:42 あたりではクリーチャーらしき存在が現れるも戦闘に突入することはなく、すぐどこかへ姿を消している。
プレイヤー自身もガスマスクを被ったりスマートフォンで何かを測定することもできるよう、どのような作品となるかのヒントはいくつか見られるものの、具体的なところはやはりまだ判りかねる。

昨日には S.T.A.L.K.E.R. 2 の再始動も発表されているので、言わずもがなクローンチックなタイトルではなくしっかりと差別化できるものにして欲しい。


本作は、陰謀や恐怖、生存、愛、そして強迫観念といった要素をビデオゲームの形式をとって伝える、チェルノブイリを舞台とした究極的なサバイバルホラーエクスペリエンス。
プラットフォームやリリース時期はまだ明らかになっていない。