無題
==========

IllFonic 開発 "Friday the 13th: The Game" にかねてより実装予定となっているシングルプレイヤーチャレンジの新映像が Twitch の公式ライブストリームにて公開された。

チャレンジ選択画面では母数が 10 となっているため全部で 10 のチャレンジが用意されると思われる。
今回の映像で描かれるのは、指導員らがパーティーへ向かう途中の森の中で車のトラブルに見舞われ立ち往生してしまったところに迫る "Broken Down" と、Higgins Haven のロッジで突如悲鳴と停電、悪臭が発生したことでその調査に向かうため散り散りになった指導員らを狙う "Power Struggle" の 2 つ。
前者は過去映像で描かれたものであり後者は初出、これらは 10 あるうち最初の 2 つであるため最も簡単な部類である可能性が高い。

それぞれのチャレンジには明示的な 5 つ + 1 つの隠し目標が設定されており、内容は行動を指定するものやプレイするジェイソンを指定するものがある。
SP チャレンジ専用の環境キルは非常にこだわって作られており見応えあるものだが、もともと強者が弱者に迫る図であることと指導員の数が本編より少ないことで、かなりあっさりと簡単に終わってしまっていてちょっと拍子抜けだ。
もちろん前述したようにこれらのチャレンジは簡単な部類である可能性が高いため、3 つ目以降のチャレンジではよりやりがいのある内容を期待したい。


本作はセミオープンワールドの原作映画に登場した複数のローケーションを舞台とした 3 人称視点の非対称型マルチプレイヤーゲーム。
一方はジェイソン・ボーヒーズを、片や複数のキャンプ指導員候補を操る。
ジェイソンはできるだけ多くの指導員を抹殺することを目的とし、彼らを恐怖させ、悩ませる恐ろしい能力を備える。
指導員側はいくつかの手段を用いて舞台から脱出するか、チームワークやアイディアを駆使してジェイソンを倒すことを目的とする。

プラットフォームは PC, PS4, Xbox One、¥3,980 で現在販売中。
インタフェースが日本語にも対応している。
このシングルプレイヤーチャレンジは次回の大型アップデートに含まれる形で導入予定、時期は明らかになっていない。