1920x1080
前回記事:"DreadEye VR" の Steam ストアページがオープン、リリース日は 11/14
次回記事:"DreadEye VR" のリリース日が 11/28 に正式決定、儀式の様子や多数のゴーストを描く新トレーラーも
==========

Digital Happiness 開発 "DreadEye VR" の Steam ストアページが本日更新され、当初現地時間の 11/14 を予定していたリリース日が 11/20 に変更となった。

やはりというか、デベロッパーは未だ SNS でも本作のリリースが迫っていることに一切触れず、公式サイトもメンテナンス中の状態で明らかにリリース間近という感じではなかった。
前作の "DreadOut" や "DreadOut: Keepers of The Dark" も当初の予定どおりにはリリースされておらず、もともと延期癖のあるデベロッパーなだけにあと数回は延期を残していると考えた方がいいかもしれない。

また前回記事掲載以降にストアページが更新され、儀式のより詳細が伝えられている。
全体の流れとしては最初に儀式を行いゴーストを召喚、呼び出された霊は辺りに隠れるのでそれを見つけて対面パート、といった感じだろうか。
VR エクスペリエンスというだけあって探索要素はかなり薄いように思える。

1. 指示に従いなさい - 亡霊を召喚するために一つ一つのメソッドについて本を調べなさい


2. 材料を煮込みなさい - 必要となる儀式の材料を調合するためにボウルを使いなさい


3. 必要とあらばリセットしなさい - ごちゃごちゃしてきたら、よく考えて最初からやり直すために砂時計を使いなさい


4. ゴーストを召喚しなさい - 儀式を完了させて眠れぬ死者を呼び起こしなさい


5. ゴーストを見つけなさい - 彼らを照らすためにフラッシュライトを使用しなさい


6. 死者と交信しなさい - 霊界に入り恐怖に耐えなさい



本作はインドネシアのシャーマン (Dukun) になることを可能にする VR エクスペリエンス。
古来の儀式を実行するために材料をクラフトして組み合わせ、死者と交信するために霊界への扉を開く。
霊が出没するインドネシアの田舎を舞台とするゾッとするような体験に没入し、暗がりに潜む身の毛もよだつような恐怖を発見する。

プラットフォームは Windows、VR デバイスは HTC Vive に対応予定。