21457920_1344525972333987_6116432857340161649_o
次回記事:環境依存のパズルを多く含んだ "Ponte Cemetery" の 11 分に及ぶゲームプレイ映像が公開
==========

Overtop Studios 開発 "Ponte Cemetery" のティザートレーラーが公開された。

本作は環境によって語られるナラティブの表情を全く新しいレベルへと引き上げる、環境ドリブンのサイコロジカルホラーゲーム。
ゲームのメカニクスは環境それ自体の中にあり、風景の一片一片が美的効果のみを役目とするのではなく、環境内に設置された各々の墓石がプレイヤーへ指示を与える、警告を発するといった先導する働きも持つ。
プレイヤーは放棄された墓場の中で、より先へと進むことを可能にする一連のパズルを解くために各々の墓はもちろん周囲を取り巻く環境を探り、分析しなければならない。
プレイヤーの踏み出す一歩一歩が墓地に潜む謎の解明へとより近づくことに繋がり、そこへ辿り着くのにどれだけ歩みを重ねるかはプレイヤー次第だ。


「ストーリードリブン」、「キャラクタードリブン」、「チョイスドリブン」 などは頻繁に目にするが、環境ドリブンというのは聞いたことがない。
上記の説明文やトレーラーを見ると分かるように、文字どおり環境を主軸としてゲームが進行するということ。
墓石に 「後ろを見ろ」、「ここにいるべきではない」 といった文字が表示されている。
しかしメモに従って進んでいくというのは別段珍しいことではなく、考え方によってはその文字が書かれる媒体がノートや手紙といった紙から墓石に変わっただけともいえる。
環境がプレイヤーに何かを伝えるなら、その媒体となるのは環境内に書かれた文字などではなく、環境の様相そのものであるべきだろう。

システムに関してはまだはっきりとは全貌が掴めていないので何とも言いかねるが、どうせならよりユニークなタイトルを目指して欲しい。

プラットフォームは PC、2018 年中期から後期にかけてのリリースを予定している。