aa
更新: 2017/09/20 22:45 FRG の映像が公開されたため掲載
更新: 2017/09/21 05:10 MKY の映像が公開されたため掲載
更新: 2017/09/21 22:25 BTFY の映像が公開されたため掲載
更新: 2017/09/23 19:10 全クリーチャーの映像が公開されたため掲載
次回記事:「サイレントヒル」にまた新たな本編未使用モンスターが見つかる
==========

1999 年に発売されてから 18 年が過ぎた今、初代サイレントヒルのゲームデータ内に含まれるも結果的に使われることのなかったクリーチャーらの姿が明らかになった。

これを実現したのは Silent Hill Community のコミュニティユーザ roocker666 氏。
Silent Extractor と呼ばれるツールを用いてゲームデータの中身を参照、"char" というすべての登場人物と敵、ボスのデータが入ったフォルダ内に問題のモデルデータが存在しているのだという。
それらの存在自体は既に明らかになっていたらしいが、どういった姿をしているかは今まで誰にも分からなかったようだ。

"FRG", "EI", "MKY", "OST", "SNK", "BTFY" という 6 つのモデルデータを氏が視覚化したのが以下のイメージとなる。

● FRG
恐らくモデルはカエル (Frog) と思われる。
脚部はカエルのようだが頭部はパックリと 2 つに割れている。
この頭部はいかにもサイレントヒルらしい。


● EI
恐らくモデルはエイ。
全体的な造型はエイだが頭部がイルカのようになっている。
明らかにこれだけファイル名がローマ字読みだが、開発元が日本のデベロッパーであるためだろう。


● MKY
恐らくモデルは猿(Monkey)。
猿型クリーチャーといえばロンパーがいるが、これはプロトタイプかもしくは別のモチーフか。
長い前足は猿を連想させるが頭部はローポリということもありまったく何なのか分からない。
アリクイのようにも見える。


● OST
これだけファイル名が何を指しているのか分からない。
サイズがかなり大きく、その奇妙な造型も相まって威圧感を感じさせる。


● SNK
恐らくモデルは蛇(snake)。
中でも割とそのまんまの外見、恐らく長い舌で攻撃してくるのだろう。


● BTFY
恐らくモデルは蛾。
蛾型のクリーチャーといえばフロートスティンガーがいるが、サイズも造型も異なっている。
蛾を英語にすると "Moth" だが、調べてみたところ蝶 (Butterfly = BTFY) と蛾 (Moth) は特定の言語上では区別しないこともあるようだ。


また映像も後から公開された。
これはクリーパーのモデルを該当のモデルに置き換えたものだという。








熱心なファンが付いている作品はそれだけ研究が進むので、リリースからかなりの年月が経った後でも平気で新たな攻略法が見つかったりもする。
本作も知ってのとおり国内外問わず人気の高いシリーズ、今後また新たな発見があるかもしれない。

ソース