18739187_1314930908576190_5822792471131151948_o
前回記事:"Scorn" の新スクリーンショットが 2 点公開、新トレーラーは少々お預けに
次回記事:"Scorn" の 2 度目の Kickstarter キャンペーンが 9/5 より開始、リリース時期は 2018 年へ延期
==========

Ebb Software 開発 "Scorn" の開発に関する最新情報が、現地時間の来週火曜日、つまり 8/29 に発表されることが予告された。
またここ数日の間に新たな GIF が 2 点公開されている。

前回記事でも伝えている公開が延期されていたゲームプレイトレーラーはもちろん、当初より 2017 年内としていたより正確なリリース時期についても言及される可能性が高い。

年内もしくは Q4 という設定は、多くの場合 「とりあえず年内」 というそれほど精度の高くない目標的な位置づけで使われることが多い。
(もちろん本当にそこを目指していることもあるが)
本作についてもその割りに公開されている情報が少なく、ゲームプレイについてはほぼ文字でしか説明されていない。
個人的には、情報公開が少ないというのがそのまま進捗状況に繋がっており、年内リリースは難しいのではないかと思っている。
1 本のトレーラーでさえ 3 ヶ月延期するほどなのだから。

インディーズスタジオのゲーム開発は当初の予定どおりに進むことの方が圧倒的に珍しく、延期するのが当たり前。
具体的な日付ではない時期レベルの情報はあまりアテにしない方がいいだろう。

本作は奇妙な外観とくすんだ絵模様の悪夢的な世界を舞台とする、雰囲気に富んだ一人称視点のホラーアドベンチャーゲーム。
ゲームは "世界へ放り込まれる" という考えを中心としてデザインされており、プレイヤーはまるで夢の中のような世界でたったひとり行く手も分らず、ノンリニア式で互いに繋がった様々な領域を探索する。
その心を掻き乱すような環境はそれ自体がキャラクターとなる。
あらゆるロケーションがまとまりのある世界を作り上げるのに必要不可欠な独自のテーマ(ストーリー)、パズル、そしてキャラクターを含んでいる。
新たなエリアを切り拓き、異なるスキルセットや武器、多種多様なアイテムを手に入れ、目の前に映し出される光景の読解を試みる。

プラットフォームは PC、2 分割チャプター形式のリリースであり前半は 2017 年のリリースを予定している。







ソース