sl6DU2J6IB
前回記事:"Friday the 13th: The Game" のリテール版が10月にリリース決定、日付はもちろん13日の金曜日
次回記事:"Friday the 13th: The Game" が最新アップデートにて日本語に対応、小型マップやチームキル廃止も
==========

IllFonic 開発 "Friday the 13th: The Game" の公式サイトが本日リニューアルオープンし、今後のコンテンツアップデート計画が明らかになった。

まずは既に発表済みのエモート DLC。
マイクを持っていないユーザはもちろん、もしかしたらジェイソンが近くにいる、という状況下で口をつぐんだまま他のユーザとコミュニケーションをとるのに用いる 8 種の新たなジェスチャーモーションが、新たなインゲーム HUD / UI とともに追加される。
こちらは無料にて近日リリース。


こちらも既出、ゲームのテンポを高速化する小型化されたマップ。
既存の 3 マップがおよそ 40% 縮小され、アイテムの配置や車のスポーン地点、脱出地点が新たになり、また指導員のスタミナといったステータスをもとにキャビン間の距離も調整されている。
さらに大きな変更として、これまで各キャラクターでバラバラだった指導員のステータスとジェイソンの能力 (クールダウン時間も) が、すべて同一になる。
こちらも無料で近日リリース。

ここからは私の知る限り未発表だったもの。
まずは 「1984 年の春休み」 と題した水着の衣装パック。
通常価格は $3.99、期間限定で 50% オフの $1.99 で購入可能、リリース時期は間もなく。
springbreak1984_web

すべてのジェイソンに対する新たなキルムーブ追加への取り組みも行われており、モーションキャプチャの様子も公開されている。
豪快にキャンプ指導員を吹っ飛ばす、もしくは落ちてきたところに攻撃を加えるようなキルムーブもあるようだ。
リリース時期は未定。


その他にも詳細は不明だが新たなプレイアブルジェイソンや 2 人の指導員、そして衣装パックも予定されている。
いずれもリリース時期は未定。

気になるのは、当初予定していたはずのシングルプレイヤーがどこかへ行ってしまったこと。
シングルプレイヤーも含め上記コンテンツのいずれかはリーテル版のリリースに合わせて開放されるのではないかと予想している。


本作はセミオープンワールドの原作映画に登場した複数のローケーションを舞台とした 3 人称視点の非対称型マルチプレイヤーゲーム。
一方はジェイソン・ボーヒーズを、片や複数のキャンプ指導員候補を操る。
ジェイソンはできるだけ多くの指導員を抹殺することを目的とし、彼らを恐怖させ、悩ませる恐ろしい能力を備える。
指導員側はいくつかの手段を用いて舞台から脱出するか、チームワークやアイディアを駆使してジェイソンを倒すことを目的とする。

プラットフォームは PC, PS4, Xbox One で価格は ¥3,980。
10/13 にはリテール版のリリースも予定している。



ソース