Get-Even-gameplay-z-prologu
更新: 2017/06/21 22:05 コンソール版と PC リテール版は予定通り 6/23 である旨が発表
更新: 2017/06/21 22:05 ロンチトレーラーが公開されたため掲載
前回記事:"Get Even" のリリース日が 6/23 へ延期、マンチェスターで起こったテロを受けて
==========

当初 6/23 にリリースを予定していた、The Farm 51 開発 "Get Even" が日本時間の今朝方 Steam にてリリースされた。

リテール版やコンソール版がどうなっているかは当方では確認できないが、この Steam リリースについては間違いではなく意図したもののようだ。

しかし日本国内からは、ストアページ自体を見ることはできるもののゲームを購入することができない状態。
これは前回記事にて伝えた国内向けリリースと同期をとるためと思われるが、日本語未収録版すら購入させない理由が分らない。
Steam ストアページに日本語対応表記 → 日本語対応表記削除 → 国内向けリリース発表 → 国内向けリリースと合わせて日本語追加対応、という同様の経緯を辿った Dying Light は、少なくとも日本語未収録版を購入することはできたのだが。
さすがはおま国に定評のあるバンダイナムコ (パブリッシャー) と言わざるを得ない。

無題

また追加コンテンツとしてオリジナルサウンドトラックも $9.99 で同時リリースされたが、当然こちらも購入することはできない。

本作は一人称視点のアクションアドベンチャーゲーム。
プレイヤーは記憶を失った冷血なる傭兵・殺し屋 Black となり、古びた謎の保護施設の中で目を覚ます。
匿名の保護人 Red の導きの下、ヘッドセット "Pandora" を用いて記憶を蘇らせ、過去の出来事を現在で再体験する。
これによって自身の心の深層に潜り込み、唯一残っている記憶、すなわち胸に爆弾を巻かれた少女の救出という目的の裏に秘められた真実を探る。

プラットフォームは Windows, PS4, Xbox One、価格は $29.99。
年内に PC と PS4 向けに国内リリースも予定している。