1920x1080
前回記事:"No70: Eye of Basir" の Steam ストアページがオープン、新ティザーやまさかの日本語サポートも
==========

OldMoustache Gameworks 開発 "No70: Eye of Basir" のプレス用デモが一部のストリーマー向けにリリースされ、そのプレイ映像が公開され出した。

ちなみに過去記事で紹介したビルドとは異なっている。
淡々と探索およびパズルで構成され、時折恐怖演出もあるがプレイヤーの脅威となるような存在は特に登場しない。
(別にそういった要素を期待しているわけではなく、むしろこういったタイトルは雰囲気のみで恐怖を煽り、安易な存在は入れるべきではないと思っている)
全体的に似たような暗く狭い環境が舞台となっているが、公開済みのスクリーンショットでは日中帯の屋外環境 (恐らく No70 を取り巻く近隣) も描かれており、ロケーションは一色ではないと思われる。

本作は一人称視点のホラーアドベンチャーゲーム。
プレイヤーは、兄弟の Erhan や祖母と共に解明することのできない超常現象が起こる家 No70 で幼少期を過ごした Aras としてプレイ。
それから 20 年後、得体の知れない違和感の正体を突き止めるために再び No70 へと向かいそのまま煙のように消えてしまった Erhan を追い、Aras もまた No70 へと足を運ぶことを決意する。
心理的な恐怖、難解なパズル、独特の雰囲気、そして恐怖を煽る雰囲気に富んだサウンドトラックなどを特徴とする。
また Basir と呼ばれる鏡のようなガラス片を通すことで、肉眼では捉えられないモノを見るメカニクスも備える。

プラットフォームは Windows で 4/15 にリリース予定、HTC Vive もサポート。
また字幕とインタフェースが日本語に対応する。