15326506_694600027384753_4897710193636472306_n
前回記事:"Get Even" の Steam ストアページがオープン、日本語もオフィシャルサポート
次回記事:様々なゲームメカニクスを披露する "Get Even" の 8 分に渡るゲームプレイフッテージが公開
==========

The Farm 51 開発 "Get Even" のリリース日が現地時間の 5/26 に決定、合わせてストーリートレーラー "Opposite Worlds" も公開された。

過去記事でも伝えているとおり、本作は最初の発表時にマルチプレイヤーも搭載する旨が伝えられていたが、Steam ストアページに "マルチプレイヤー" の表記が無いため最終的にそれは削除されたように思える。
しかしストアページおよび公式サイトではプロットだけが掲載された状態で、ゲームプレイの特徴などが未だ一切説明されていない。
当初の発表から、マルチの削除以外にも何かしらの変更があったのか否かは気になるところだ。

トレーラーでは様々なガジェットを用いて進行する場面や、"WHAT IS REAL ?" をキーワードに掲げているように銃で撃った相手が立体映像か何かのように爆散するシーンも見られる。

本作は一人称視点のアクションアドベンチャーゲーム。
プレイヤーは記憶を失った冷血なる傭兵・殺し屋 Black となり、古びた謎の保護施設の中で目を覚ます。
匿名の保護人 Red の導きの下、ヘッドセット "Pandora" を用いて記憶を蘇らせ、過去の出来事を現在で再体験する。
これによって自身の心の深層に潜り込み、唯一残っている記憶、すなわち胸に爆弾を巻かれた少女の救出という目的の裏に秘められた真実を探る。

プラットフォームは Windows, PS4, Xbox One。
また前回記事で Steam ストアページに日本語サポートの旨が掲載されていたことを伝えたが、先日それは削除されており、最終的にはサポートしないものと思われる。