1920x1080
前回記事:奇妙な屋敷の内装や謎めいた追想を描く "What Remains of Edith Finch" の新トレーラーが公開
次回記事:"What Remains of Edith Finch" のリリース日が 4/25 に決定
==========

Giant Sparrow 開発 "What Remains of Edith Finch" の Steam ストアページが本日オープンした。

ストアページによるとインタフェースと字幕が日本語に対応、ストアページ自体も日本語化されている。
しかしなぜか吹き替えについてはどの言語もマークされていない。
さすがに今の時代に音声無しというのは考えにくいだろう (トレーラー内には英語の音声が含まれている)。

無題

また過去記事のとおり先日パブリッシャーに Annapurna Interactive を迎えたことが伝えられており、ストアページにもパブリッシャーとしてその名が掲載されている。
PS4 版はすでに国内リリースが決定していたがこれで PC 版も日本語対応が確定、国内ユーザは安心してどちらのバージョンをプレイするかを選択することができる。

以下はストアページの説明文転載。

『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』(原題:What Remains of Edith Finch)は、ワシントン州のとある一族に関する奇妙な物語集です。

プレイヤーは一族の血を引くエディスとして、フィンチ家の風変わりな屋敷を舞台に家族の軌跡をたどりながら、なぜ彼女が最後一人の生存者なのか謎を解こうとします。遠い昔から現在に至る追憶…それぞれのストーリーを見つけるたび、その家族の命が尽きた日の人生を体験していきます。

ゲームプレイもストーリーの調子も、フィンチ家一族のメンバーと同様にさまざま。
共通しているのは、各人物の体験が一人称視点でプレイされることと、それぞれの物語が死で終わる点だけです。
究極的には、我々のまわりに存在する、広く知られざる世界に驚かされるさまを描いたゲームです。

ゲーム開発は、一人称視点ペインティング・アクションゲーム『The Unfinished Swan』を生み出したGiant Sparrow。

プラットフォームは Windows と PS4、2017 年 Q1 にリリース予定。