535196_1680198938914063_6809005745258283255_n
次回記事:"Deceit" の Steam ストアページがオープン、早期アクセス開始は 10/4 へ延期
==========

Automaton 開発 "Deceit" の Steam 早期アクセスが 9/16 より行われることが発表された。

本作は没入型の一人称視点オンラインマルチプレイヤーゲーム。
プレイヤーは、あるゲームマスターに捕らえられ遺棄されたアサイラムに放り込まれたグループの内の 1 人となってそこからの脱出を目指す。
しかしそれは決して思うほど簡単なことではなく、グループのうち 1/3 はウィルスに感染して密かに他のメンバーとは敵対して行動しており、ライトが消えたときを利用して自身の正体を現すことなくひとりひとりを始末していく。

ゲームは 3 つのラウンドで構成され、各ラウンドで新たなチームが割り当てられ、マップはランダムに変化する。
感染者はグループに対する破壊工作の企みを隠そうとし、一方で残りのメンバはその疑わしい挙動を見張りながらも、信じるに値すると思った人たちとの協力を図る。
プレイヤーはマップ内を進行していくとゲームマスターからトークンを与えられ、それを溜めていくことでアイテムの入手、生存や出口への進行に対する助力といった他の目的のために使用することができる。

マップのいたるところで停電が発生するときがあり、その間に感染者はいわゆる恐ろしい姿へと変身する。
この形態では人間体よりも速く、強力になり、そしてナイトビジョンの能力を得るが、同時に光という唯一の弱点も持つことになる。


要するに、プレイヤーは何者かの催すデスゲームの被害者を演じることになる。
ゲームプレイも非常にユニークで、他のグループと敵対しながらも自分の属するグループに紛れ込んでいる感染者にも気を配らなければならない。
騙す側(感染者)と見抜く側(健全者)の心理戦が大きな特徴となる。

唯一懸念すべきはビジュアルのクオリティ。
ティザートレーラーでは申し分ないが、現時点で公開されているインゲームスクリーンショットはまるで無料ゲームのよう。
恐らく開発中のビルドであるためと思われるが。
8/17 から開催される Gamescom 2016 には最新ビルドがプレイアブル出展されるため、そこで真のクオリティが明らかになるだろう。

プラットフォームは PC, Mac, Linux。



ソース