中途半端な数だが "確実にコレ" と言えるタイトルが 10 もなかったため、個人的趣向で選出した 8 タイトルを紹介。

8. Gray Dawn (関連記事
510424601_preview_GDScreen2_60x150
Interactive Stone が手がける 1 人称視点のホラーアドベンチャーゲーム。
司祭となって悪魔祓いの失敗により文字通り姿を消した侍者の少年の行方を追う。
きめの細かい美しいビジュアル、神々や悪魔といったテーマが魅力的。
Kickstarter キャンペーンに失敗したが開発は続けられており、近いうちにデモ版も公開予定とのこと。
KS キャンペーン成功想定で 2016 年 10 月リリース予定だったが、上記のとおり失敗により遅れる見込み。
対象プラットフォームは PC と PS4。




==========================================
7. The Town of Light (関連記事
OZJ8lf3
精神病を患う少女となり実在する精神病院を基に作られた環境を探索する 1 人称視点のホラーアドベンチャーゲーム。
退廃的で素晴らしい雰囲気もさることながら、ゲームの舞台となる当時の劣悪な精神病医療環境を再現してそれをユーザに理解してもらう、というテーマを持っており濃厚なストーリーも期待できる。
PC 向けに 2/26 リリース予定、コンソール機でのリリースも検討されている。
また PC 版は日本語にも対応予定。




==========================================
6. Routine (関連記事
steamworkshop_webupload_previewfile_92985806_preview
月面の研究施設で研究員たちが謎の失踪を遂げた事件を追う 1 人称視点のサバイバルホラーゲーム。
前バージョンの UE3 を用いているがグラフィックは美しく、レトロフューチャー的なビジュアルとオーディオも味わい深い。
おそらくはインディーズホラーの未リリースタイトルの中では最上位の人気と期待度を誇るタイトル。
2012 年に発表されてから 3 年以上が経過したにも関わらず未だリリース時期すら決まっていないが、一応デベロッパーもダンマリではなく半年に 1 度程の間隔で開発進捗は報告している。




==========================================
5. Unannounced Title
014-1024x577
Climax Studios が 2013 年に明らかにした、現在も開発中と思われるホラータイトル。
ゲームの内容からリリース時期、対象プラットフォームすら不明。
公式サイトにて今も 6 点のティザーイメージが公開されており、"人形" が何か強い意味を持つ作品のようだ。
過去の海外メディアによるインタビューによると現在 PlayStation VR 向けの 3 タイトルを開発中だといい、それらの中に含まれている可能性が高い。
PlayStation Experience 2015 での正式発表が濃厚と思われたが何もなかった。
彼らは Silent Hill: Origins と Shattered Memories の開発も手がけており、ホラーゲームファンからの期待値も高い。


==========================================
4. Edge of Nowhere (関連記事
no title
Insomniac Games が手がける VR に特化した 3 人称視点のホラーアクションアドベンチャー。
H.P. Lovecraft の著作 "At the Mountains of Madness" にインスパイアされており、消息を絶った探検隊を探すために南極の山脈の奥地へと足を踏み入れ、そこで狂気の超現実的世界を目撃する。
東京ゲームショウ 2015 でもプレイアブル出展され 4Gamer による簡易プレビューも掲載されている。
見ての通りアクション性の強いゲームプレイになるようだ。
プラットフォームは PC(Oculus Rift 専用)でリリース時期は現時点では明らかになっていない。




==========================================
3. Draugen (関連記事
CShQFKxUkAExnfY
Red Thread Games が手がける 1 人称視点のホラーアドベンチャー。
行方不明の姉妹を探すために見知らぬ土地を訪れ、そこにある村で起こった恐ろしい惨劇の真実を明らかにする。
北欧神話と Lovecraft 作品に触発されそれらをミックスしたようなタイトルだといい、現在公開されているティザートレーラーからも濃厚な雰囲気が感じられる。
発表後しばらく展開がなかったものの、10 月末にはフル生産段階に入ることが伝えられている。
2016 年内に PC でリリース予定、コンソール機でのリリースも検討されている。




==========================================
2. Call of Cthulhu (関連記事
XRSv6J8
Frogwares が手がけるホラータイトル。
昨年も名前を挙げたが、今年は新たなアートワークが 2 点公開されただけに留まった。
ゲームディテールもプラットフォームもリリース時期も不明。
しかし "Call of Cthulhu" というだけで期待せずにはいられない。


==========================================
1. Kôna (関連記事
uprIJZ4
ケベックのスタジオ Parabole が手がける 1 人称視点のアドベンチャーゲーム(非ホラー)。
私立探偵となりケベックの山奥で行方をくらました依頼主の行方を追う。
Unity 5 で構築された美しい雪景色は素晴らしく、ケベックのミュージシャン CuréLabel が手がける音楽もまた本作の世界観作りに一役かっている。
とにかく雰囲気の優れたタイトルであり、"A Surreal Interactive Tale" の文字どおりその土地にまつわる超現実的な物語が展開される。
4 分割エピソード形式のリリースであり、第 1 弾の "Kôna: Day One" はパブリックかクローズドかはまだ未定だが 1 月に PC 向け早期アクセス(β版)を予定、また PS4, Xbox One でのリリースも決定している。