post6_img4-1
Kôna の前回記事:"Kôna" の開発ブログが更新、1970 年代テイストを出すために UI を大幅改修、ビジュアル面の変化も
Kôna の次回記事:"Kôna" の Steam 早期アクセスが 2015 年 7 月より開始
==========

Parabole 開発のサバイバルアドベンチャー "Kôna" の開発ブログが更新、いくつかの現状報告とリリース延期の旨が伝えられた。

当初リリースは 2015 年 4, 5 月あたりを予定していたようだが、これを同年の 10, 11 月へ延期。
理由はゲーム全体の質の向上。
昨年実施した Kickstarter キャンペーンの後、色調の変更や大気中の積雪を再現するための "Distance Fog" の追加など、ビジュアル面で大幅な変更が加えられていた。
さらに開発エンジンが Unity 5 へ変更され、初期版と比較した際のビジュアルの違いがはっきりと分かる。

残念ながら個人的には前バージョンの方が好み。
maxresdefault (1)
pickup4_8-8_13-42-34

以下が新バージョン。
post6_img1
post6_img2-1
post6_img3-1
post6_img5
post6_img4-1

また、KS キャンペーン時のデモでは登場しなかった野生動物、ここでは狼について説明している。
彼らは群れをなして行動し、現実のそれと同様に、群れの最上位となる通常のものよりも少し大きなサイズの "アルファ" が存在する。
複数体で獲物を囲い、攻撃し、主人公は殺されることもある。
逆に主人公は空への射撃やスノーモービルで彼らを威嚇したり、少し離れたところから食べ物を投げ与えることで注意を引いたりもできる。
慎重に行動すれば、野生動物を殺すことなくゲームをクリアすることも可能。

UI についても前回の記事に掲載したとおり、大幅に変更が加えられている。
post6_img8

来月実施予定の PAX East には 2 つのデモを出展予定、ひとつは Oculus Rift 対応のスノーモービルデモ。
もうひとつはゲームのファーストクォーター、探索・調査・サバイバルがミックスされ、現在公開中のものよりも完成系に近い内容になる。前述のオオカミも登場。

本作は1970 年のケベック州北部の山奥を舞台とした一人称視点アドベンチャー。
プレイヤーは退役軍人であり私立探偵の Carl Faubert となり、失踪した依頼主の資産家 W. Hamilton の行方を追う。
野生動物や気温など自然の驚異と戦いながら、トラックやスノーモービルで広大な雪山を探索して Hamilton 失踪の手がかりを探す、ストーリーとサバイバルをミックスしたゲームプレイになる。



ソース