AR5
インディーズデベロッパー HyPer128 のポストアポカリプス FPS 「Ashen Rift」 の
最新フッテージが公開された。

Ashen Rift は多くの生命が失われ、歪んでしまった地球を舞台とした FPS。
主人公と犬のようなその相棒 Bounder は生き残った人類を救うため、地球を脅かす原因と
噂される存在 「Rift」 を無効化するため、どこにあるかも分からないそれを目指して旅に出る。

今回の動画は 「環境破壊」 に焦点を当てたもの。
ゲーム内のオブジェクトはほとんど何でも破壊可能で、それを利用して多くのことができる。
動画内ではガスボンベを使い、単純に敵の近くに投げてそれを撃ち爆発に巻き込む
(これはよくある)。
爆発で大木や岩を破壊してそれで敵を押しつぶす、岩を砕いて道を作る、また、手斧で
木の柵を破壊したり。

これまで明らかになっているクリーチャーはノロノロと真っ直ぐに近づいてくるだけなので
いまいち戦闘におけるオブジェクト利用の有り難味が分かりにくい。
敵がアクティブで真正面から戦うにはリスクが大きいとか、銃弾数にかなりの制限がある、
ということなら分かるが。